レーシングカート全般 - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

2018年、初走行。

1月7日の日曜日。
APGに行ってきました。

1月6日、ハイエースの納車でした。
とうとうレーシングカート用にハイエースを。

最近、デリカでは積み込みが大変になってきました。
マシン以外にもパーツ類が多くなり、別途クルマが必要というとになり・・・(中古ですが!)

2台並べるとこんな感じ。

930.jpg

積んだまますぐにエンジンスタートして、帰りも積んだままにできることがこんなに便利とは!
これで、金曜日の夜飲んで帰ってきても、次の日早朝からカートに行ける(笑)

933.jpg

年末にお願いしていたエンジンのオーバーホールが終わり、戻ってきました。
ピカピカのエンジンは気持ちいいです。

932.jpg

今回は一番端のパドック。
ここだと陽が当たるので温かい。

この日、台数が多かったのでクラス分け。ざっくり言うと、
初心者&エンジンならしクラス、100ccクラス、125ccクラス。

もちろんエンジンならしクラスで午前中はならしに専念。

931.jpg

午後からは、ほぼ通常走行。

さて、この日はラマーレチームの新年会が予定されており、それに参加する人もいたりで、人数もそこそこいました。

全日本クラス(FS125)のメンバーも来ていて、この日はまた息子クンの走りをチェックしてくれました。
いやー、本当にこれって貴重な体験です。

ならし終わったばかりなので、まだエンジンも本調子ではないので、タイムは46秒フラット。

今回、新品のリヤハブをつけたので、その感触も確かめたり。

934.jpg


何かと忙しい1日でした。

15時半を過ぎて、急に冷え込んできたので、最後のセッションは走らず。

片づけて新年会会場に向かいます。

健康ランドに近い施設で、小部屋のような宿泊施設もあったりするところで、幹事さんが宴会場を借りてくれました。

ラマーレの新年会に初参加です。

昔からいるメンバーが、昔話に盛り上がり、いろんな伝説の人がいたんだなと楽しい話がたくさん聞けました。

こういった交流会も楽しいものですね。


次の日は予定があったので、私はアルコールは飲まず、22時過ぎ人会が終わったあと、温泉に入って午前0時に帰宅しました。

カート降ろさずに済むので楽ちん!

まだ荷室に棚とか設置していないので、後日、パーツやら工具を置くための棚を設置しなくては。

どういう棚にするか、こういうのを考えるのも楽しいものです。


あと、御殿場は雪が降ることもあるので、スタッドレスタイヤも検討しなくは!

まだまだやることがありそうです!

2017年のレーシングカート活動総括

2017年のレーシングカート活動が終わりました。

ちょうど2016年の12月、大井松田カートランドで3日間のスクールに入り、12月の年末にレンタル走行、年が明けて1月も数回のレンタル走行、そして2月にカデットのマシンを購入しました。

ですから、活動としてはちょうど1年ということになります。

今年1年間、いったいいくらの費用がかかったのか?
想像したくありませんが(笑)、息子クンの成長が見れた1年間でした。

12月1月は4stのエンジンでもビビッていたのが懐かしいです。

2月にカデットを走らせて、あまりにも4stより速いのでびっくり。

そこから4ヶ月間、基礎を磨きに磨いて、6月にはFPジュニア用のマシンを購入。

腕が上がったというわけではなく、単に身長が伸びてカデットに合わなくなったからですが・・・

(ちなみに、FPジュニアマシンは大人と同じサイズなので、果たしてデリカに積めるのか???
なんとか積めましたので、本当によかったです・・・)



そして6月からFPジュニアのマシンでまた基礎磨き。

変にカデットのクセを習得しなくて良かったと思っています。

カデットに乗りすぎると、ジュニアクラスに上がったときにタイムが伸び悩む子供も多いそうで。


誰もがそうだと思いますが、カートは比例直線で腕が上がるのではなく、階段状に上がっていきます。

細かい伸び悩みが続き、ふとした瞬間にぐんとうまくなります。

この1年間を見てきて、息子クンがぐんとあがったのは9月10月頃。

そして10月の初レース。ほろ苦デビューでしたが緊張せずに走行できました。

12月の第2戦。初ドライレース。
結果は惜しかったですが、次に繋がるいいレースでした。

今年のレースは結果を求めておらず、慣れることが大事だったので、レースの流れをつかめたのはよかったです。

2018年は、結果を求めていきたいと思います。


もともと息子クンには、ピアノを習わせていました。
が、まったく伸びない・・・

ということで、息子クンが好きな活動をやらせようと思い、クルマが好きなので、カートがいいのでは?
という単純な発想からスタートしました。

今では、カート練習が終わった翌日にはもう「早く走りに行きたい」と言いますので、今のところ前向きのようで!



レーシングカート活動は、父親にとってみても、面白い活動です。

走行のための準備、走行してからのデータ取り、キャブや空気圧などセッティングの変更など。

家のクルマではこういうことができませんから、メカニックになるというのは楽しいものです。

そして、同じように息子たちを走らせに来ているお父さんたちとの交流。
こういうのも楽しさの一つです。


横浜と御殿場の往復は正直、疲れます。
が、それと同じくらいの楽しさがあると思います。


子供の習い事という観点では、費用はかかりすぎかもしれません。
が、どうせなら他の人があまりやっていないスポーツをやるというのも魅力の一つだと思います。

団体スポーツだと、家の都合とか言っていられませんが、個人スポーツなら、個人の都合に合わせられます。

しかも土日どちらかでいいわけですし、インストラクターの予約が必要なわけでもありません。

そういう意味では、気軽に予定を組めます。



先日の23日、走行後にエンジンを外しました。
オーバーホールに出します。

エンジンがないと、なんだかさ寂しいですね。

920.jpg



2018年はレースに勝つことが目標です。

2月にはAPGでウィンターカップが開催されます。

無事にジュニアクラスも入っていました。

入っていない年もあるので、さっそくこれに向けて練習しなくてはなりません。

1月の練習が貴重ですね。


2018年、勝てますように!



追伸

このブログを読んでいただいている全日本クラス選手のお父さん、Hさん。

先日のAPGで初めてお会いすることができました。

読者の方に会えるって、なんだかうれしいですね・・・

12月23日、APG。

12月23日祝日。
この日は大井松田のビギナーズデー。
でも息子クンはもう大井松田よりもAPGの方が楽しいようで、APGが使えないときだけ大井松田に行けばいいようで、迷わずAPGということに。

朝6時半に出ましたが、秦野中井インター付近でトラックが炎上とのこで、渋滞により御殿場まで2時間以上と表示。

ということで、厚木から小田原厚木道路、二宮で降りて、大井松田カーランドの横を通り過ぎて、大井松田ICから再び東名へ。
御殿場で降りて、結局着いたのが8時15分くらい。

いい天気です。

910.jpg

既にピットには多くの人が。

24日はイベントなので、この23日しか走れないからでしょう。

917.jpg

最初は初心者とエキスパートの2クラス分け。
11時からは、カデット&初心者、ジュニア&SS、125CCクラスの3クラスに。

この日は125CCクラスが意外に多かったです。

911.jpg

さて、この日は新品ホイールを履いての走行。

早速本人も違いを感じたようで、グリップレベルが違うとのこと。
タイヤの熱の入り方も早く、さすが高いだけある。

この日は午前中だけの走行だったのですが、珍しく疲れたとのこと。

グリップがよくて、腕力も今まで以上に使ったそうで。


この日、一眼レフカメラも持ってきたので、今回は2階フロアからも撮影してみました。

今一番課題になっている3コーナーです。
右に曲がりながら急こう配で下っていく難しいコーナーです。

916.jpg

すぐ下にある4コーナー。

3コーナーのブレーキ後にすぐにアクセル踏んで4コーナーのアウト縁石をうまくつかっていかなければなりません。

913.jpg

6コーナーと7コーナーの連続するS字。

ここの縁石をうまく乗っていけるかどうかもタイム短縮につながります。

直線的に乗るとはじかれるので、外側のタイヤに荷重をかけるように滑らかに。

だいぶ息子クンもできるようになりました。

912.jpg
915.jpg

正面から撮るとこんな感じです。

918.jpg

その後すぐに8コーナー。
ここは手前でブレーキングしてから下っていきます。

ブレーキは短く、早めにアクセル踏まないと加速が鈍ります。

914.jpg

正面から見るとこんな感じです。

919.jpg

この日は新しいホイールの感触を確かめるの目的で、今までのホイールとの違いを感じられたのでよかったです。

実は3か月ほど前に、このホイールを見本で借りて試したのですが、その時は息子クンは違いがわかりませんでした。

その時はまだホイールの違いを確かめる「腕」がなかったのです。

この3か月で急成長したのが、見ている自分でもわかりましたし、ラップタイムにも現れているので、パーツの違いを確かめられるレベルにまでなったといことでしょう。

いきなりいいパーツをつけても意味がありません。

標準的なマシン慣れてきてから、新しいパーツを入れないと、本人が違いを感じられないでしょう。

チームによっては、「まずはパーツから」というところもあるようです。

利益追求のみのチームもあるようです。

腕が上がることと、パーツで速くなること、これがグチャグチャにならないようにすることが重要ですね。

APG、ラスト前の走行。

12月17日、日曜日。
APGに行ってきました。

この日は午前中のみの走行にしました。
最近、夕方まで走った後、常に渋滞する東名を通って着くのが夜になり、息子クンも自分も、あっという間に夜寝る時間になり、月曜朝、体が重いので、午前のみの走行にしました。

あと、息子クンは冬の花粉症?で、目がかゆくて鼻もムズムズというのもあり。

まあ冬は午前走行だけでもいいかな、と思っています。

この日はいい天気。
それほど風もなく、前週と違ってまずまずのコンディションです。


906.jpg

台数は意外と多く、9時半くらいからクラス分けに。

初級者と100CCというクラス、125CCクラスに分かれましたが、非常にバランス悪く、125CCが5台くらい、初級者と100CCクラスは12~15台前後でした。

100CCはあっという間に行列で、レースか?という感じでした。

902.jpg

ちなみに、前週からきちんとデータをとることにしました。

プラグの種類、タイヤの空気圧、キャブの設定など。冬はとくに朝の時間帯と昼では空気圧も変えますし、どこでベストタイムがでたのか、記録とっていく必要はあるな、と。

今までは、そこまで気持ちの余裕もなく、走り自体にムラがあったので、データとってもあまり意味がないと思っていましたが、再起は走りも安定してきたので、セッティングの差も息子クンは敏感に分かるようになって来たので、そろそろデータ取りが必要と思いました。

はやくマイクロン5がほしいです。
エンジン回転数や、ラップタイムや、自動で蓄積されますから。
でも高いですね・・・

この日の練習は、6コーナーから7コーナーにかけてのシケイン、しかも6コーナーへの進入ラインを集中的に。
これは、125CCクラスの上手い人の走りをチェックして、息子クンのクラスのときにそのまま活かしました。

なかなかいい感じになりました。

それからもう一つ。
今まで息子クンは、なるべく他のクルマがいないところで練習してきました。
が、混雑しているところで、抜いたり、抜かれたり、という練習もそろそろ必要と思い、集団のなかで揉まれながら走行する練習をしました。

レースでは、接近戦になりますから、どこでしかけるか、4周も5周も耐えて、一瞬の隙を狙う練習とか必要だなと。
今回、同じジュニアクラスのマシンにくっついて、相手が一瞬ミスした隙をついてオーバーテイク。
見事に練習の効果がでました。

こう言う練習を増やしていかないと。

903.jpg

メインストレートから、1コーナーにかけてのライン取りや、アクセルワークもかなりよくなってきました。

1コーナーは、とにかく早めに加速していかないと1コーナーの後は上り坂なので、まさにオーバーテイクしたり、されたりという場所になります。

ここでスピードを乗せないと、全体のタイムも出ません。
この1コーナー、いかに滑らかに無駄なく突っ込んでいくかも重要で、ここ1ヶ月で急激に上達しました。

3ヶ月前までは、1コーナーにはビビッていました(笑)
今では一番の得意コーナーになっています。

905.jpg
904.jpg

あっという間に午前中が終了。

タイムは45秒55でした。
レースベストタイムが45秒2だから、レース落ちのタイヤでなかなかのタイム。
パーツを新調して行けば44秒台いけそうです。

この日はSSクラスの人たちに混じって走行でしたが、ほとんど同じようなペースで周回できたのでよかったです。

さて、いわゆる普通のホイールとも今日でおさらば。
きちんとした(高額な(笑))ホイール登場です!

新品ホイールに履き替えます。

901.jpg

タイヤからホイールを外す作業も大好きな息子クン。

要所要所は、力技のところもあるので、そういうのは自分がやりましたが、タイヤチェンジャーつかったり、ビードクリーム塗ったりは息子クンの仕事に。

900.jpg

朝だとタイヤも硬くてホイール交換も大変ですが、走行後の温まったタイヤで、、しかも日があたるとことで作業したので、わりと作業がスムーズに。

テクノのホイール、かなりすばらしいホイールだそうですが、その感触を確かめるのは次週に。
息子クン、ちゃんと感触の違いが分かるのかな?
タイムは伸びるのかな?

次週は今年の締めくくりラストランです。

APG、風と落ち葉の中での走行

12月10日の日曜日、この日は午前中が貸切だったので、午後から走行しました。

午前中は息子クンの歯医者予約があったので、ちょうどよかったです。
(歯科衛生士の妻が勤めている歯医者にて(笑))

この日のラマーレチームは、子供ばかりの走行でした。
キッズ1台、カデット2台、ジュニア3台、そして全日本クラスに出ている下村君が来ていました。

キッズから全日本まで、幅広い年齢層です(笑)

着いたら子供たちは戯れています・・



この日は全部で10台くらい。
半分がラマーレでした。

落ち葉と、ときより強く吹く風。
気温も低く、コンディションはよくないですが、皆がんばって走行していました。

893.jpg


この日よかったのは、なんといっても全日本クラスが後ろにくっついて、走行チェックしてくれたことでした!
貴重な体験。

息子クン、とても貴重なアドバイスをもらっていました。
やはり走行していない私が言うのと、速い人から指摘されるのでは、全然違うのでしょうね。
真剣に受け入れていたようです。

ざっくり言うと、ステアリングの使い方と、体の使い方でした。

本当に貴重です。

892.jpg

落ち葉の中の走行。

これはこれで絵になりますね。

1コーナーは、ここ2ヶ月くらいでかなりよくなりました。

メインストレートから1コーナーにかけてのアプローチ。

アクセルのほんのわずかな緩め方と、その一瞬でのステアリングの向きの変え方、体重のかけかたなど、微妙な感覚がだいぶ未についてきたようです。

アクセルが弱くてもダメ、タイヤを滑らせすぎてもダメ、進入角度が弱くてもダメ、などかなり難しいコーナーの一つです。

ここがうまくいかないと、この後の上り坂が失速してしまうんですよね・・



さて、冬なので太陽の角度も低く、15時を過ぎると西日がいいかんじに被写体を捉えます。

カートって、メカニック担当のお父さんたちは、なかなか写真や動画を撮る余裕がないのが実情です。

走りをチェックしたり、マシンが戻ってきたら色々調整したり。

891.jpg

でも、積極的に写真を撮ることで、貴重な思い出になりますから、なるべく写真を撮るようにしています。

もちろん、動画も。

どちらもほとんどiphoneですけどね・・・

890.jpg


最後に、ビッグ?ニュース。

とうとうカート専用にハイエースを買ってしまいました・・・

中古ですけどね。

さすがにデリカで色々運ぶには、限界が近づいてきました。

モノが増えるばかりです。

そして、デリカだと、カート積むと2人しか乗れないのですが、ハイエースなら家族4人とカートを積んで行くことができます。

デビューはお正月明けです。

そして、来年はAPG CUPのSSジュニアクラスで優勝争いをしたいと考えています。

そのためには、1月から3月までに、さらに技術を磨いて、少しパーツも新しいものにしていかないといけません。

あと、0.8秒のペースアップが必要です。

そうすれば優勝を争えます。

技術とパーツを合わせて、0.8秒アップを狙っていきます。

年内はあと2、3回の走行かな・・・
リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR