レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

ハンガリーGP、やっと6位?何年かかってんだ?

F1ハンガリーGPは、ベッテルの薄氷の勝利でした。

ステアリングに問題を抱えての勝利、レース中盤からライコネンがベッテルに追いつき、ライコネンは前と後ろを見なければならない難しい展開でした。
が、ライコネンは見事に後ろを押さえて2位を確保。

フェラーリは久々に1-2フィニッシュを飾りました。

しかし、本当にこれで良かったのでしょうか?
結果論であり、実際にはライコネンを前に行かせるべきだったのでは?と思います。

もし、ベッテルがあれ以上ペースが落ちていたら、ハミルトンが大接近して、下手をするとうまくかわしてトップに躍り出てしまった可能性も。

であるなら、ライコネンが迫ったときに、ライコネンに前に行かせて、圧倒的なリードを保ち、ハミルトンが優勝できないようにすべきだったのではと思います。



少なくとも、ライコネン優勝、ハミルトンがベッテルをかわして2位、ベッテルが3位ということになったでしょう。
でも、こうしておけば、ハミルトン優勝、ベッテル2位、ライコネン3位という結果は防げたはずです。

あくまでもベッテルの優勝に賭けたフェラーリ。
ベッテル有利でライコネン不利という構図は完全に顕わになりました。

571.jpg
570.jpg

対して、メルセデスの臨機応変さには驚かされました。
ボッタスをかわして前に出たハミルトン。
でもフェラーリを抜けなかったので、最終ラップでボッタスに譲ったハミルトン。

ハミルトンの性格からして、譲らないのではと思いましたが、見事に譲ってフィニッシュしました。
これには本当に驚きました。

ただ、ハンガリーGPは低速で抜きにくく、これ以降は高速サーキットが続くので、メルセデス有利と言われています。
よって、ここでポイントが開いても、後で十分に取り戻せるという余裕もあるのでは、と思います。

さて、マクラーレンはアロンソが6位、バンドーンが10位でダブル入賞。
おめでとうと言いたいところですが、そんなに浮かれていられません。

正直なところ、「やっと6位?何年かかってんだ?」という気持ちのほうが圧倒的に大きいです。
実に2年半。
6位をとるのに2年半。
遅すぎです・・・

アロンソのキャリアを2年半もつぶしました。
しかもまだ表彰台にも上がれてない・・

タイムを見ると、アロンソはトップから1分11秒遅れのフィニッシュ。
もう少ししたら周回遅れです。

こんな大差で負けているという認識のほうが強いです。

しかも今後は高速サーキットが続き、マクラーレンはまた中段グループに落ちてしまうでしょう。

いったいいつになったら優勝争いができるのか。
ホンダのパワーユニット、進化が遅すぎます・・・

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR