レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

レーシングカート トランポのための強力ツール

カデットからジュニアに変わり、マシンは重くなり大きくなり、デリカに積むのはいよいよ大変なりました。

デリカには数か月前に専用のベッドキットを購入し、カートを持ち上げて積んでいました。
が、以前APGで練習していた際に、ふとチームメンバーの車を見たら、カートを積む強力なツールを使っていることを見つけ、「これは使える!」と思って、似た商品を探し始めました。

そのツールとは、ずばりこれです。

550.jpg

油圧式のリフターです。
このツール、何社からも出ていますが、運ぶための取っ手があるもの、ないもの、などいろいろありますが、ほしかったのはこの写真にように取っ手がないタイプです。
いろいろ探しました・・・

そして、土台には滑り止めマットを切って貼り付けました。これも重要な作業です。

最も重要なのは、このようにカートスタンドがちょうど載る寸法のものでなけばなりません!

551.jpg

わが家では、カートは立てて保管しているで、まず縦型スタンドに乗せます。

さらにこのようにしてスタンドに乗せ、足でレバーを踏んでいくと、油圧で上がっていきます。
超便利!

あ、それからこのリフター、4輪の車輪のうち、前輪2こはまっすぐ固定タイプなので、後日360度回転するタイプにつけかえました。

前にしか動かないのだと、かなり不便ですので。

552.jpg

デリカのベッドキットの上に無事に乗りました。

このリフターの場合、積載上限は150kgです。
150kgを超えるものを載せてもリフトしないしくみになっています。



リフターがないと、力業で載せなければなりませので、ものすごく大変です。

これがあると、出し入れがとてつもなく楽になります。

リフターは少々お高いですが、一度購入すればずっと使えます。

とことで、なぜリフターが必要かというと、デリカのトランクは、テールライトがある分、その場所の開口幅が狭いのです。
ベッドキットをつけて、なるべく上の方に乗せないとカートのリヤハブがひっかかってしまうのです。

ベッドキットがあれば、そのキットの下にたくさん荷物を積めるというメリットもあります。

ハイエースのようなバン以外の車は、こういう工夫をするしかありません。

ちなみに、オデッセイ、ウィングロード、レガシーなどワゴンタイプに載せている人は、たいていリヤハブは外し、エンジンも外して載せています。

そうしないと載らないのでしょう。

それよりはこうやって何とか高い位置に載せることで、そこまでカートを分解しないでもよくなりました。

ということえ、かなり重宝しています!



コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR