レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

F1オーストリアGP総括

F1オーストリアGPが終わりました。
レッドブルリンクという名のサーキット、レッドブルがA1リンクを買い取って改修し、F1開催にこぎつけたサーキットです。

当然ながら、レッドブルのお膝もと、レッドブルは最低でも表彰台にあがらないと示しがつきません。
そういう意味では、リカルドの3位はすごく意味のある3位だったと思います。

490.jpg

スタート直後、ボッタスは映像からもフライングしたように見えましたが、これはお咎め無し。
フライング感知のシステムもいつの間にかきちんとできていたようで、0.2秒ほどでスタートしたようでした。

0.1秒未満だと人間の反応できる範囲を超えているため、ペナルティになるそうです。
これは、陸上競技でも同じ理由で失格になります。

機械は嘘をつかないでしょうから、今回のボッタスの反応は、絶妙だったということになりますね。
これ、ペナルティあり無しにかかわらず、レース中に全員のスタートの反応速度を見てみたいですね。
是非、毎レースで発表してほしいです!

今回のレース、1コーナーでクビアトがやってくれました。
アロンソなどを巻き込む多重クラッシュ

これをみて、2012年のベルギーGPを思い出しました。
あれも1コーナーでグロージャンが多重クラッシュの原因を作るつっこみで、次戦イタリアGPを出場停止になるくらいの重いペナルティでした。アロンソはその場でリタイヤ。

あのベルギーGPでのクラッシュがなければ、アロンソは2012年はチャンピオンになれていたことでしょう。
それほどまでに、ノーポイントとなったのが痛手なグランプリでした。

その年、グロージャンはクラッシュばかりしており、「F1に出る腕はない!」と何度も思いました。
それ以来、ずっとグロージャンは好きになれません。

今回のクビアトも同様です。
多重クラッシュの原因を作るような突っ込む輩はいらない!
F1の質を落としています!

491.jpg

グロージャン、クビアト、さっさと別のカテゴリーに行ってくれ!
ちなみにアロンソを特別に贔屓にしているわけではありません。

レースを観たいわけですから、こうやって多重クラッシュで水をさしてしまうドライバーが嫌いなだけです。

さて、レース自体は単調な感じでした。
ギアボックス交換でペナルティとなり、予選3位から予選8位に後退したハミルトンがどこまで追い上げるのか。

最終ラップでのリカルドとのバトルは見ごたえありました。
なんとか押さえ切ったリカルド、お見事でした。

ベッテルもあと2周くらいあればトップにいけたかもしれません。

が、チャンピオンシップを考えると、ボッタスも候補に入ってきて接戦になってきました。
これにライコネンが加わるともっと面白いのですが・・・



コースレイアウトは結構単調であまり面白くないんですよね。
本当はもっと特徴あるレイアウトに改修してほしいところです・・・


コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR