インディ500マイル、日本人初優勝で歴史に名を! - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

インディ500マイル、日本人初優勝で歴史に名を!

F1モナコGPの総括をしようかと思いましたが、モナコGPの後に行われたインディ500マイルレースのニュースのほうが衝撃的でしたので、今回はそちらに触れます。

アメリカのインディ500マイルレースに、日本人が勝利し、歴史に名を刻みました。

元F1ドライバーの佐藤琢磨、見事な勝利です。
今回はスポット参戦したアロンソと同じチームで、アロンソも琢磨は積極的にバックアップしていました。

しかし、アロンソはホンダエンジンのトラブルでリタイヤ。
アロンソはホンダから呪われているのか!!
アロンソはトップを周回していたこともあり、トラブルなければ優勝の可能性もあったはず。

アロンソ自身は「楽しかった」と言っていますが、内心、「またホンダかよ!」と思っているはずです。

320.jpg
322.jpg
321.jpg


佐藤琢磨は、以前もインディ500マイルで勝つチャンスがあり、最後の最後で追い抜きに失敗して、トップを奪えずにリタイヤということがありました。

いいところまで行くけどリタイヤする・・・と言うイメージが、F1でもインディでもありましたが、ようやくそのマイナスを払拭したような気がしています。

琢磨は40歳を超しました。
インディは割と40台のドライバーも多いので、まだまだ活躍するでしょう。

一方で、F1は低年齢化になっており、アロンソもかなりベテランの域に達しています。
F1のほうが繊細なドライビングが必要なようで、年齢とともにその繊細さが鈍感になっていくのかどうかは分かりませんが、アロンソについてはもう3、4年はF1で戦えるのではないかと思います。

インディのようなオーバルコースは、すべてがコンクリートウォールであるため、少しでも挙動を乱すとコンクリートの餌食となり、大変な事故へとつながります。

アウト側がコンクリートであるのはし方がないにしても、イン側はコンクリートではなく、F1のようにタイヤバリヤや、もう少し柔らかい衝撃吸収材でも置いたらどうかと思います。

それにしても、アメリカのレースは、日本時間だといつも明け方になるので、レーステレビ観戦者にはつらいですね・・・

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR