レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

レーシングカートのジュニアクラスを考察。

息子クンの身長がどんどん伸びてきているので、カデットを卒業して、ジュニアクラスに変える時期に来ました。

とはいえ、2月初旬に購入したカートをシェイクダウンし、今日に至るまでまだ3ヵ月半です。
もう少しだけ練習して、夏にはシャーシを替えようと思っています。
チームに中古シャーシがあったので、先日予約しました。

さて、そのシャーシは大人用です。
つまり、ジュニアクラスでいうところの「FPジュニア」に該当します。

ジュニアクラスは、
TIAジュニア(YAMAHAが指定したビレルのワンメイクシャーシ)
FPジュニア(シャーシは自由で大人と同じ)

の2種類があります。

ジュニアは小学5年生から中学3年生までのクラスを指しますがなぜ2クラスにしてしまったのか、私には理解できません。

そもそも、TIAジュニアの中古シャーシを探すのは至難の業ですし、かといって新品は高いです。

TIAシャーシならFPジュニアレースに出れますが、FPシャーシではTIAレースに出れません。
こんな分断された状態、ジュニアクラスの発展には百害あって一利なしです。

どの家庭も、中学に上がると勉強が忙しくなります。
中学受験で小6からカートどころではなくなる子供もいます。
私立中学に入り、勉強量がとてつもなくなる子供もいます。

カデットで多くの子供たちがカートを楽しんできたのに、中学に入ったとたんに、やめてしまう子もたくさんいます。

各サーキットのレースリザルトを見れば明らかです。
どのサーキットも、ジュニアクラスのエントリーが一番少ないです。
サーキットによっては、ジュニアクラスのレースがないところも!

こんな状態であるなら、なおさら2クラスにシャーシを分けている場合ではないでしょう。

関東だけですが、各サーキットのジュニアクラスを調べてみました。(2017.5現在)

<サーキット名>  <クラスの実態 (サーキット独自の呼称) >
新東京サーキット      FPジュニア(SSジュニア)
大井松田カートランド    TIAジュニア(TIAジュニア)
茂原ツインサーキット    FPジュニア/TIAジュニア 両方あり 
             但しいつもジュニアのレース参戦なし

イタコモータースポーツ TIA(大人もOK)そもそもジュニアクラスなし
もてぎツインリンク      FPジュニア(SSJオープン)
フェスティカサーキット栃木 ジュニアクラスなし
サーキット秋ヶ瀬       FPジュニア(FPジュニア)
オートパラダイス御殿場   FPジュニア(SSジュニア)


こうやって見てみると、TIAシャーシを持っていても、対等に戦えるのは大井松田のみということになります。

ジュニアクラスは先ほど述べたとおり中学生の勉強が忙しかったりで対象人数も少なく、レースが成立しないサーキットもあるのでしょう。

カート世界の構図が、
小学生・・・親が子供にやらせて競争力を養う
中学生・・・勉強が忙しくてカートをやらない子が多い
高校生・・・受験またはカート以外の趣味や友人との遊びでカートを離れる(カートに高校生クラスはないので大人と戦うというハンデも)
大学生~大人・・・時間があり、且つ本当に好きな人だけがやる

という世界になっていると思います。

この構図を見るだけでも、カートの世界からトップレーサーになるという人が以下に少なくなってしまうかを表していると思います。

トップを目指すのは一握りの世界ですからそれはさておき、ジュニアクラスがレースしやすい環境を整えてほしいですね。


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そうなのですね。中学生、高校生は、一番才能が開花する時なのに。残念ですね。中学、高校生レベルでの、クラブ活動としてのカートをぜひ教育界も考えてほしいですね。
リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR