F1ノーズ先端もいろいろ。 - レーシングカートを楽しもう!
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

F1ノーズ先端もいろいろ。

2017年F1新車デビューから数ヶ月。
結局アリクイノーズはなくならず、多くのチームが採用してきました。

その中でも、レッドブルのアリクイノーズ先端は、穴が開いていてうまく空気を後ろに流しているようでした。

そして、ウィリアムズの見てみると、穴が開いていることが判明。
ただ、網状になっており、穴の面積も小さいです。
何かの冷却に使用しているのでしょうか?



ちなみに、フェラーリはこんな感じで穴は開いていません。

251.jpg

ところで、なぜアリクイ式とそうでないノーズがあるかというと、クラッシュした際にノーズ先端で受け止める面積が一定以上必要なのですが、これをどういう形状にするかによる違いです。

メルセデスとトロロッソはアリクイ式ではないですが、その代わり、ノーズ下に流せる空気の量が少なくなります。
一方でアリクイ式にすると、そのアリクイ両脇の空間が大きくなり、大量の空気を流せるようになります。

そうすると、大量の空気を流せるアリクイ式が多くなるというわけですね。

ところで、フェラーリはこんなところにも穴が開いています。

252.jpg

これも何かの冷却用なのでしょうか?

気になりますね。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR