F1イタリアGP - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

F1イタリアGP

久々のF1ネタです。

先日のF1イタリアGP、非常に見ごたえがありました。

予選最後のQ3は3台が次々にトップを塗り替え、わずか0.1秒ちょっとの差に3台。

フロントロー独占のフェラーリ。
ティフォシは大いに前夜祭で盛り上がったことでしょう。

決勝もフェラーリの活躍が期待されましたが、まさかの1周目にハミルトンとベッテルが接触。

結果的にお咎めなしで、ベッテルのミスという判断が下されました。

映像を見る限りでも、ベッテルのライン取りがイマイチだったのがわかります。

こういうのがベッテルの弱さ!

フェラーリに移籍してから、これまでベッテルのミスは何回あったことでしょう?
覚えられないくらい多いです。

それに対して常に冷静なハミルトン。
強さの底力があふれています。

常にギリギリの戦いでもほとんどミスをしないハミルトン。
ベッテルは精神的にも甘い、これではなかなかチャンピオンは難しい気がします。

レース展開は、タイヤ競争になりました。
ハミルトンはライコネンの後ろで温存し、ライコネンは少しでもペースアップして飛ばした結果、タイヤはダメージを受けました。

ピットストップでもその後は飛ばしてダメージを受け、その後のハミルトンのほうがタイヤが新しく、見る見るうちに差が詰まって最後はボッタスの援護もあり、余裕で抜いていきました。

しかも、ライコネンに迫ってきてから、あせることもなくじっとチャンスをうかがっていました。

数周にわたって、ライコネンの動きを冷静に見て、チャンスが来た瞬間にオーバーテイク。
見事でした。

これがベッテルなら、追いついた周に強引に割り込んでいきそうです。

ボロボロのタイヤでもなんとかコントロールして2位をゲットしたライコネン。
正直言うなら、久々の優勝チャンスで、しかもフェラーリの地元であるイタリア。
ライコネンに優勝してほしかったですが、それ以上にハミルトンお見事でした。



これほどまでにDRSが活用できるサーキットはないでしょう。
直線とシケインを結んだだけの設計。
でも、こういったオールドサーキットの醍醐味が如実に現れたグランプリでした。

ブレーキング勝負でインに入り込む、セオリー通りのオーバーテイク。
そういうシーンをたくさん見ることができました。

一方で、不用な幅寄せでペナルティをくらったフェルスタッペンや、少し強引すぎたアロンソ。

あまりよくない走り方をしていたドライバーもいたのは事実です。

最後まで接近戦のあったイタリアGP。
やはりF1ではこういう展開でないと、レースは面白くないですね。

マクラーレン、ルノー、レッドブルといったかつてのチャンピオンチームがもう少し浮上してきてほしいものです。

ピットイン時のタイム計測など、LGからローレックスに変わってだいぶ見やすくなってきた気もします。

前後のマシンとのタイムさも、昔はセクター毎の計測しかできませんでしたが、今は数秒単位で変わるので、こういうのも視聴者にはうれしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR