F1カナダGP - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

F1カナダGP

F1カナダGP総括です。

アメリカ大陸のF1は、日本だと深夜の放送になるのでつらいですね。
昔は、がんばって起きて観ていました。
あるいは、録画して早起きして観たことも。

最近はどうかというと、日曜夜は普通に寝てしまい、月曜日午前中にネットで結果を確認。

月曜夜に録画したものを観なおすという感じです。
しかも、単調な周回のときは、早送りしてしまいます。

カナダGPは、単調だったという意見も多いようですね。
F1ニュースでもしきりにかかれています。

そして、その原因は、グリップし過ぎるタイヤ、重くなりすぎたマシン、DRSの機能がイマイチ、リヤウィングによる気流の乱れ、というのがいわれています。

確かに、2016年までのマシンは、軽くてマシン幅も狭くて、滑るタイヤ、これにDRSを組みあわせることで、かなりオーバーテイクがありましたが、2017年からは激減。

そんなの、2017年から始まるマシンデザイン見れば、リヤウィングは低くなって一目瞭然でしたね。
始まる前から分かっていたはずです。

オーバーテイクが増えないと、レースは面白くないでしょう。

オーバルコースのアメリカで開催されているインディは、マシンが接戦でオーバーテイクも多いから盛り上がるのでしょう。
F1では、マシンの差が激しすぎてバトルも少なく、昔からつまらないと言われています。

2017年からは、マシンを速くすることに重点を置き過ぎて、バトルが減りました。
これをどうするか真剣に考える時期に来ていると思います。

カナダGPでは、面白かったのはスタートから2、3周まで。
あとは単調な展開でした。



コースの特徴は、オーストラリアのコースにも似ていて、オーストラリアもオーバーテイクが少なかったですね。

同じタイヤでもいいので、レース中はタイヤ交換を2回義務付けるとかしないと、レースはかき回されずに面白くないですね。

1211.jpg

だいぶ前にもブログに書きましたが、タイヤカスがでないようにする開発をもっとやってほしいです。

レコードライン以外はカスだらけ。
せっかく幅広いサーキットも意味がないです。

なんでそういう開発をしないのかなと思います。
いつも開発志向は、グリップ力やバーストしない構造ばかり。グリップ力を維持しつつ、カスを極力減らすという相反するものこそ、力を入れるべきです。

マシンだって、空気抵抗とダウンフォースの相反するものを常に研究しています。それと同じです。

ガソリンだって燃費の向上とパワーの促進の美味しいところを常に探っています。

2005年でしたっけ?
タイヤ交換禁止の時期ありましたね。

逆の発想で、そういうのでもいいかもしれません。
そうしたら、レース終盤はタイヤがずるずるになって、面白いレースが観れるかも。

設置面は二重構造にしておいて、タイヤが減ったら次の新しい皮が出てくるようにするとか。
内側は、バースト防止用のゴムも張り巡らさせて、とにかくグリップ重視を止めさせるとか。

そうしたら、自ずとタイヤカスは減るでしょうね。
どうしてもタイヤが傷ついたりして交換する際は、ピットストップで30秒止まることを強制。

あ、カナダGPの話からだいぶずれましたね・・・

今回、ハミルトンの調子が上がらず、結果的にベッテル121ポイント、ハミルトン120ポイントで面白くなりました。

2017年も、ボッタスが上位にいるときにハミルトンが調子悪いっていうことありましたね。
序盤のレースでした。
ハミルトンは後半戦に強いんですよね・・・

モナコ苦戦が予想されていたメルセデス。
カナダでは得意とされていたのにイマイチだったということで、チームも焦っているでしょうね。

それにしても、アゼルバイジャンのレッドブルの同士討ちがなければ、チャンピオンシップがもっと面白い展開になっていたのに・・・

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR