面白かったマレーシアGP - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

面白かったマレーシアGP

F1マレーシアGP。
2017年で最後となるマレーシア。ドラマが起きるかと思いましたが、やはり起きました。

まずはレース後のクラッシュ。
ファイナルラップが終わって、皆マシンがピットに帰る周で、ボタンの掛け違いがおきました。



普通なら接触など起きないのですが、ベッテルとストロールの息が合わなかったようです。
ファイナルラップ後のクラッシュなど、何をやっているんだか。

オンボード映像しかないので、どちらが悪いか分かりませんが、ペナルティはなし、レーシングアクシデントと同じ扱いになったようです。

ただ、チャンピオンたるもの、新人ドライバーを抜くときは注意が必要でしょう。
レースであろうとレース後であろうと。

ベッテルはたまにこういうわけの分からないミスや、もらい事故を受けてしまいます。



さて、レース前にライコネンがスタートできず、予選でトラブルによりタイムを出せなかったベッテルは最後尾スタート。
フェラーリは最悪の展開でした。

かつての弱かった頃のフェラーリに戻った感じです。

ただ、最後尾から追いかけるベッテルは観ていて楽しかったです。

それでも4位が精一杯。

722.jpg

メルセデスは優勝はできなかったものに、フェラーリに抜かれるほどではありませんでした。

レッドブルというより、フェルスタッペンが速かったようです。

このレースで、いよいよリカルドよりもフェルスタッペンの地位の方が上回った感があります。

今年の予選順位を比べても、リカルド4勝、フェルスタッペン11勝で、フェルスタッペンの方が順位を上回っています。

土曜日に20歳の誕生日を向かえた若者フェルスタッペンが、日曜日に優勝。

彼のキャリアはすさまじいものがあります。

お父さんのヨス・フェルスタッペンはそれほどF1で速くなかったですけどね!

720.jpg




ハミルトンは、失うものがないフェルスタッペンと争うことを避け、確実にフィニッシュすることを選んだようです。

2位でも十分、ベッテルより前でフィニッシュすればいいだけですから、気持ち的には楽だったでしょう。

ベッテルもそうですが、これから残りのレース、リタイヤというのが一番怖いわけです。

クラッシュにしろ、エンジンが調子悪くなるにしろ、起きてはいけないことです。

エンジンをセーブすることも必要になってくるでしょう。

ボッタスは、フェルスタッペン同様失うものなどないのですから、ガンガン前を行くべきですが、予選で元気がないのか、なかなかハミルトンを切り崩せません。
このままではセカンドドライバーに甘んじてしまうでしょう。
昔のバリチェロのような姿が見え隠れしています・・・

マクラーレンとしては、バンドーンが確実に入賞していい結果を出しました。

アロンソはサーキットによって走りにムラがあるように感じます。

意外にも、バンドーンが安定してきたように見えます。

予選でもアロンソに引けをとらない順位を出せるようになって来ました。

シンガポールでは予選アロンソ8位、バンドーン9位、
マレーシアでは予選アロンソ11位、バンドーン7位ですから、
バンドーンなかなかの者ですよ。

2018年からルノーエンジンを積むマクラーレン。

こうやってルノーエンジンを積むレッドブルが優勝するのは、実は気分がいいものなのかもしれません。

「自分たちも来年はこうやって速いエンジンが手に入る」と連想できるわけですから。


ところで、すでにアロンソは日本入りしているようで、渋谷に現れたようです。

726.jpg

アロンソって、普通に地下鉄に乗ったりするようですから、奇跡的に出会えた人はラッキーですね!

日本GPのあとも、名古屋まで電車使ったりするときありますからね。

もうすぐ日本GPです!

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR