2021年からのF1エンジンを本気で考えよう - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

2021年からのF1エンジンを本気で考えよう

ここ最近、フォーミュラE(FE)が盛り上がりを見せています。

2019年からはメルセデスも参入し、ほかにもポルシェ、ルノー、アウディ、ジャガーと参戦し、バラエティに富んだエンジンメーカーになります。

対するF1はというと・・・メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダ。

言ってみれば、F1のパワーユニットに参入しようというメーカーがないのでしょう。
しかもパワーユニットのレギュレーションは複雑で、F1観戦者にもわかりにくいものになっています。

2014年に導入された現在のF1パワーユニットは、2020年で契約が切れます。
2021年以降のF1エンジンを決めていかなければなりません。

個人的なアディアとして、パワーユニットは内燃機関とエネルギー回生システムと切り離し、エンジンは過去のエンジンのようにシンプルな構造にすればいいと思います。

そして、エネルギー回生システムは、フロントタイヤにパワーを送る。
つまり、パワーを使う瞬間だけ、ちょっとした4WDになります。

もしエネルギー回生システムが故障しても、エンジンだけで走れます。

さらに、このエネルギー回生システムは、エンジンメーカーではなく電機メーカー1社による独占供給にして、標準化してしまう。
そうすれば、この部分の開発競争はなくなります。

エンジンはこれまでどおり、エンジンの開発に注げばいい。

とにかく今のパワーユニットをシンプルにすれば、エンジンメーカーももっと参入してくるのではないでしょうか。



F1に必要なのは、昔ながらの迫力あるサウンド、強いトルク、速いコーナーリング、最高速でしょう。

それを復活させ、魅力あるエンジンにしていけばいいと思います。

なんなら、V10やV12を復活させてもいい。

環境を考えるのなら、燃料をガソリンではなく、食用の廃油などにすればいいでしょう。
バイオエタノールでもいいと思います。

とにかく魅力あるエンジンにしてほしいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR