ラマーレの紹介 - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

ラマーレの紹介

私(というか息子クン)が所属しているレーシングカートチームは、正式名称はラマーレ・レーシングガレージです。

30名ほどのドライバーが所属しています。
ホームコースはオートパラダイス御殿場(APG)。
APG内にも常設のガレージがあります。

そこに預ける人もいれば、毎回運んでくる人もいます。
比率は半々くらいです。

チーム代表は、1985年に元YAMAHAワークス全日本チャンピオンに輝いた、園田行洋さんです。
→右にラマーレのバナーを設置しました!

園田さん、とにかく根っから明るいキャラです。
チーム員にも冗談を言っていつもメンバーを楽しませています。

そして、走りに関しては、的確に指導・アドバイスをしてくれます。
アクセルワーク、ブレーキング、ステアリングの切り方、コーナーごとの走り方、すべてにおいてです。

最初は、どのチームにも所属しないで、ある程度独自に私自身も覚えていくつもりでした。

が、今思えば、早めに加入しておいて良かったと思っています。

チームには、初心者から全日本クラスまで幅広いです。
私も会ったことがないメンバーがまだ何人かおります(特に全日本クラスは)。

園田さんは、全日本クラスのサポートから、初心者まで幅広く教えます。
しかも、その人に合ったやり方で。

小学生に多くを一気に詰め込んで教えてもパニックになるだけなので、一つずつ丁寧に教えてくれます

例えば、4つのコーナーで改善が必要だったとしても、いっぺんには指示せず、一つずつクリアしていってから次を教えていきます。
そうすることで、ストレスがあまりかからずに上達していきます。

うちの息子クンはマイペースなので、特にこのやり方が合っています。

学校のように詰め込んでしまうと、カートが楽しくなくなってしまうでしょう。

また、園田さんは「疲れたら休んでいいよ」と言います。
事故ったら意味がないので、無理をさせません。

そして、一番重要なのが、無理にパーツを売りつけないこと!です。
チームによっては、速くなるにはパーツを替えるのが一番という方針のチームもあるようです。

しかし、基本の走りができて、その標準パーツのクセを覚えて、それからパーツを替えていかないと、いきなりパーツを替えても、速くなった原因が、腕なのかパーツなのか、分からなくなってしまいます。
そこをきちんと汲み取ってくれます。

これはかなり重要なことで、理系の大学や大学院で研究室に配属され、自分の研究が決まり、仮設をたて、いくつもの実験パターンを考え、この実験を一つずつつぶしていくのに似ています。
実験は、一つの要素をつぶしていって初めてポジティブまたはネガティブな結果が出ますが、いっぺんに2箇所も替えて実験をして結果が異なった場合、何が原因が分からなくなってしまいます。これと同じです。

それから園田さんはパーツを自作してくれたりします。
標準パーツではなく、自作パーツを装着したら、タイムが上がったりします。

さすがにこういうのは、自分たちでは解決できません。

速くなる要素はいくらでもあるんだな、と感心します。

さて、チームに入ってもう一つ良かったなと感じたのは、チームメンバーの人たちを何気ない会話をすることです。

20代~40代までのドライバーや、子供をサポートしている30代40代のお父さんたち。
こういう人たちと会話することで、こちらも気持ちがリラックスしたりします。

これが息子クンと自分だけだったら、いつも寂しいでしょう。

APGに行くと、いつも園田さんが一番にサーキットに来ています。
(当たり前かもしれませんが(笑)

土日の朝6時半か7時には来ているようです。

ちなみに、全日本クラスで地方に遠征しているときは、ラマーレを卒業したメンバーが来て土日対応してくれたりしますで、安心です。

チームネタはまだまだありますが、今回はこの辺で。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR