根本的に変えないと・・・ - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

根本的に変えないと・・・

息子クンがレーシングカートを本格的に始めて半年。
カデット4ヶ月、ジュニア2ヶ月というクラスで経過しました。

これまで、どれほどのカネを投資したのか!・・・計算したくありません。
1回サーキットに行って走行して帰ってくるだけでもコストは約10000円。

これまでの消耗品やら部品やら、もちろんカート本体も含めると、結構な額になります。
やっぱり計算したくない。

さて、レーシングカートはマイナーなスポーツです。
パワステのないステアリング、20周も連続で走行したら、腕が痛くなります。
そのためには、トレーニングが欠かせません。

筋力と持久力が必要です。
そしてレースでの駆け引き。
まさにモータースポーツです。

が、このスポーツの発展に関して、未来が明るいかというとそうではありません。

どれだけの人に認知されているでしょう?

初心者の人がまず何を調べたらいいか、その視線でサイトを立ち上げたり、ショップを経営している人、います?

http://www.racingkart.info/
こんなサイトがあります。
が、2014年で更新が止まっています。
がっかりです!

これまで、いろんな人から情報を集めましたが、チームオーナーは何で飯を食っているのでしょうか?
正解は、毎月の会費と、チーム員に売るためのパーツの利益です。

会費が高ければチームには入らないですし、パーツを売りつけてばかりのチームなら、チームを去って行くことでしょう。

でも飯を食っていかなければならない。

この状態でレーシングカートの世界に未来があるでしょうか?



チームに入っていない人がいたとします。
エンジンを新品に買い換えたいと思っていたとします。
この人は、どこで購入することになるでしょうか?
購入先をどうやって調べますか?

そういう目線で考えている人、どれくらい世の中にいるのでしょう?

なんとも閉鎖的な世界。
身近にショップはなく、ショップ=チームとなっており、チームに入らないとパーツも買えない世界。

日々のことで精一杯、数年先など考えてもいない世界。
そんな気がしてなりません。

日本ではレギュレーションで、クラスによって指定タイヤが異なります。
レースだと、常に新品を用意しないと勝てません。

一方で、レンタルカートは耐久性がすべてで、いちいちタイヤを交換しません。

つまり、持ち込みカートは金がやたらにかかる世界なわけです。
新品タイヤを買えば、メーカーもチームも儲かるからです。

いちいち新品を買っていたら、年間維持費は馬鹿になりません。
それが理由で、カートをやめていく人もいます。

レンタルカートのように耐久性のあるタイヤをレギュレーションにしたら、カーターの維持費は少なくなり、レースも出やすくなります。
が、メーカーもチームも、目先のことを考えてそんなレギュレーションには反対するでしょう。

耐久性をもたせて多くのカーターを増やす
のではなく、
耐久性もたせなくて、少ないカーターの維持費を奪う
という世界になっているのです。

前者のほうに梶を切り、長い目で見る人が増えてほしいものです・・・


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR