2017年10月 - F1とレーシングカート
レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

2週連続で台風。

台風、勘弁してくれ!
こう言いたくなる人も多いのでは!

2週連続で週末に台風。
イベントを企画していた会社は、もううんざりでしょう。
フードイベント、野外イベント、スポーツイベント、などなど。

うちらも台風で2週連続で練習ができず、ストレスが溜まる一方です。



自然の猛威には勝てないわけですが、雨でもできるスポーツと言えば、サッカーや野球くらいでしょうか?

自動車レースやカートレースも、ある程度の雨なら可能ですが、豪雨ではイベントが中止になったりします。

10/29の全日本カート選手権の東西統一戦は、残念ながら決勝は中止になったようで、予選ヒートの順位がそのまま決勝結果になったようです。

10/22は台風で練習できず、10/29も台風で練習できず。
11/3~5はAPGイベントで練習できず。

仕方なく11/3は久々に大井松田に行こうと思っていますが、10/22の台風で、サーキット横の崖が崩れたようで、11/1か2に緊急の工事をやるんだとか。
工事の予定

大井松田は、昔から崖が崩れるリスクを抱えており、常に危険と言われています。
が、なぜか補強工事は行われません。
ケチっているのか?
崩れてから工事するようでは遅いと思いますが!

とはいえ、ほかに近場のサーキット(持ち込み可能)がなかなかないので、11/3は工事次第にもよりますが、大井松田かなと思っています。

近くはないですが、秋ヶ瀬や新東京にもサーキットがありますが、走ったことがなくてピットスペースがあるかどうかもわからないところにいきなり持ち込むのはリスクが高いですし、チームサポートもないのでやはり不安になります。

当たり前のことなのですが、土日のいずれかしか練習できないので、平日はまったく練習できず、土日がつぶれるとかなりの期間が空くことになります。

スポーツは、中学・高校の部活動なら平日も練習ができますが、レーシングカートはそうもいきません。
ここがむずがゆいところではあります。

ところで、息子クンはクルマが大好きで、家ではグランツーリスモSPORTをやったり、ラジコンで遊んだり、いまだにミニカーでも遊んでいます。

だからきっとカートもハマっているのでしょうね。
昨日は「走りしたい走りたい走りたい」って連発していましたから・・・

それと、レーシングカートは親子で楽しむことが大切だと思っています。今更ですけど。
子供は徐々に速くなるのではなく、突然速くなります。

それまで速くならない壁にぶつかることもあります。
ふとしたことでそれが突破されたりします。

そうすると、本人もまた楽しくなるみたいです。
できないことを叱ってもきっと萎縮して速くならないでしょう。

お父さんばかり興奮している親子を見かけることもあります。
どちらかというと、子供が冷静で、親が興奮していることも・・・

先日、公園で自転車の補助無しの練習をしている親と娘を見ました。
親は「なんで言ったとおりにできないんだ!」と叫んでいました。
頭を引っぱたくときも・・

なんてかわいそうな子だろうと思いました。
叱ったっていきなりできるようになるわけではないのに。
まして、大人のように理論的に考えられる年齢でもないのに。
大人と同じレベルで物事を考えて子供に押し付けても子供は理解できません。
・・・ということを親がまず理解しないといけないのに。

ということで、カートも親は温かい目でみないといけませんね。

F1アメリカGP、磐石のハミルトン

F1アメリカGPでは、ハミルトンの勝利で4回目チャンピオンに王手をかけました。

アメリカ大陸は日本での視聴はなかなかしんどいですね。
リアルタイムで観ると次の日の仕事や学校が大変ですし、録画しておいて早起きして観るか、あるいはその日のF1情報をシャットアウトして、月曜日に帰宅後にゆっくり観るか。

皆さんこんな3種類のいずれかで観ていると思います。
人によっては、アメリカ大陸の視聴は諦めて、アメリカGP、メキシコGP、カナダGP、ブラジルGPは結果情報だけネットで見るという人もいるでしょうね。

790.jpg

ここ数戦、ハミルトンとフェルスタッペンの走りがキレッキレであると思います。
フェルスタッペンはアメリカGPでのライコネンのオーバーテク、ペナルティで5秒が加算され、4位に後退してしまいました。

今回のレーススチュワードには、フィンランド出身のミカ・サロが担当しており、ライコネンに有利に働いたのでは?とすら思ってしまいます。

予選中盤から4位まで追い上げるフェルスタッペン、ずばっとインに切り込む能力はすさまじいです。

ハミルトンの方は、ここ数戦、チームメイトを寄せ付けない速さを見せています。
今年の序盤は、もしかしたらボッタスの方が今年のマシンに慣れるのが早かったのかもしれません。

ハミルトンはマシンのフィーリングに苦しんでいました。

しかし後半戦、ボッタスを寄せ付けない走りで、かつてのアイルトン・セナを髣髴とさせる速さがあります。



99%確実となったハミルトンのチャンピオン。
4回目のチャンピオン獲得により、ベッテルとアラン・プロストの4回チャンピオンという記録に並ぶことになります。

ミハエル・シューマッハの7回チャンピオンという記録も、ハミルトンなら並ぶか追い抜くことができるのではないかと思います。

とはえ、強すぎるハミルトンは、F1の人気低下を招く恐れも。

視聴者や観戦しに来ている人が観たいのは、最後まで分からない接戦のレースです。
これはF1に限らずどのスポーツでもそうでしょう。

常に接戦となるインディが人気となっているのも分かる気がします。

あまりにも道具で差がつき過ぎるのがF1。
リバティメディアによる大改革を期待したいです。

さて、F1では若手ドライバーも伸びてきています。

オコンが予選7位、今回電撃移籍したルノーのサインツが予選8位、彼らは今後楽しみな存在です。

将来的に、フェルスタッペン、オコン、サインツがチャンピオンを争うのではないかと思います。

逆に、今後心配なのがリカルド、ボッタスです。
どちらも速いと言われながら、チームメイトの方が上回ってしまっています。

フェルスタッペンとリカルドについては、フェルスタッペンはマシントラブルでのりタイヤが多く、ポイントランキングではリカルドが上ですが、マシントラブルがなかったら、ランキング3位か4位に来ていたのではないかと思います。

今回F1デビューとなったトロロッソのブレンドン・ハートレー。
2012年、2013年とメルセデスF1チームのテストドライバーになりながら、なかなか正ドライバーになるチャンスはありませんでした。

しかし今年のル・マン24時間レースでの優勝と、WECでの優勝で注目され、F1の切符を手にしました。
とはいえ、今年27歳。

F1デビューとしては遅い方で、フェルスタッペンが20歳、オコンが21歳、サインツが23歳ですから、すぐに結果を出していかないと厳しいでしょう。

一方で、ルノーをクビになったジョリオン・パーマー。
彼は2014年のGP2チャンピオンですが、そんなものは何も意味はなく、F1で速いかどうかが全てになります。

26歳という若さで追い出され、代わりにサインツが加入しました。

なんともシビアな世界です・・・

APG相変わらずイベント多し・・

10月15日の初レースを終え、昨日一昨日(21日22日)は大雨・台風で断念。

ここで改めてAPGのカレンダーを見てみました。

10/28土  PM貸切
10/29日  AM貸切
11/3祝~5日 終日貸切
11/11土  OK
11/12日  OK

11/18土  イベントレース(MAX系)
11/19日  イベントレース(MAX系)
11/25土  OK
11/26日  OK

12/3土  レース専用練習
12/4日  レース


次のレースが12/4ですから、フル1日で練習できるのは、11・12のどちらか、25・26のどちらかということで、計2回しかないということになります。
さすがに土日連日で練習はきついですからね。費用もかかりすぎたし休息の時間とれないし。

やはり11/3~5が貸切イベントが入ってしまっているのが痛い。
正直、3連休を3日間すべてつぶすのはやめてもらいたいです。

仕方ないから11/3祝は久々に大井松田に行こうかなと検討中・・・



レーシングカートは、すぐに上達するものではないことが分かります。
また、上達の度合いも、坂道を登っていく感じではなく、階段を登っていく感じです。

上達は、細かい壁にぶつかり、練習を続けていると、ひょんとしたときにぐっと上達します。

そして、練習をおろそかにしたり、練習と練習の間が空き過ぎると、腕も落ちていきます。

これら、上達の度合いに関しては、ここ半年で感じたことです。

一方で、カートは道具を使うスポーツです。

道具を良くすれば、スピードも速くなったりします。

が、気をつけなければならないのは、練習よりもカートのパーツをいいものに替えてしまうことです。

実際にパーツ重視のチームや、ドライバーがいます。

が、今使っているパーツの特徴をつかんで、なおかつそのパーツでの限界を知ってから、次のパーツにしたり、新しくしたりしないと、ドライバー自身が違いが分からなくなってしまいます。

ですから、やみくもに新しいパーツや、いいパーツをつけるということは避けています。

基本の走り方ができてから、次にパーツですね。

もちろん、走り方に影響を及ぼさないパーツというか、基本的な走りを妨害するようなパーツは、取り替えた方がいいでしょう。

しかし、標準パーツを、ハイグレードなパーツに替えるのは、走り方が決まってきて、しかも標準とハイグレードの違いを、ドライバー自身がわかるようになってから、にすべきですね。

ただ、ドライバーでなくとも、メカニック的にも、新しいパーツを入れることにはワクワクすることもありますけどね。
ものによるかな・・・

とにかく、金のかかるスポーツですね。改めて思いました。

APG CUP 初レース。

10月15日オートパラダイス御殿場。
APG CUP第4戦に初参戦してきました。

前日の14日、練習走行日で既に雨。
14日泊まりにするか、14日と15日日帰りで往復するか迷いましたが、渋滞と早起きを考慮して、泊まりにしました。

でも1週間ほど前にジャッジしたので、御殿場のホテルはなく、仕方なく河口湖付近で。

前日の練習。
雨は止む気配無し。
古いレインタイヤで練習。

770.jpg

古すぎて、全然グリップしません!
でもとりあえず雨に慣れるためにこれで走行。

夕方近づいてきたので、新品レインタイヤに交換。
これでグリップの違いを確かめようと思いましたが・・・交換に時間がかかり、結局走行できず。

↓息子クンはタイヤ交換作業が好きなようで。

771.jpg

決勝のための準備をしているうちに、17時。
17時過ぎるともう真っ暗です。

772.jpg

この日は18時にサーキットを後にし、河口湖に向かう途中のデニーズで晩御飯。

ホテルついたら19時半。
この日は22時に就寝。

朝、5時半起きです。
準備して6時に出発。サーキット着いたのが6時半過ぎ。
ほとんどの人が到着して準備していました。

泊まりじゃない人は、家を夜中3時とか4時とかに出る人もいるみたい。
うちも日帰りだったら自宅を4時半出発かな。
今後、どうすべきか悩みます。

6時半過ぎに準備始めてあっという間に7時半の受付開始。
事務的な作業はチームがやってくれます。

車検のために準備(意外とセッティングでバタバタ!)をして、残り時間10分で急いで車検場へ。

773.jpg

車検待ちの列です。
緊張しますね。

774.jpg

無事に車検が終了、続いてブリーフィング。
いろんな注意点が話されます。

775.jpg

走行前。
表情が硬い。緊張が解けないようで(笑)

776.jpg

公式練習開始。8分間。
今思えば、前日新品タイヤ履いて、皮むき兼ねて練習しておけばよかった・・・

新品なのでタイムも伸びず。5台中4位。

続いてタイムトライアル。6分間。
5台中5位。まあ仕方ない。

777.jpg
778.jpg

いよいよ公式予選。ダミーグリッドに並びます。

予選は8周。

779.jpg

前の4位を抜きそうになる場面もありましたが、雨の中なかなか抜くことはできずに5位でチェッカー。

練習も、タイムトライアルも、公式予選も、決勝も、すべてピットではなく車検場前に戻ってきます。
こういう流れも初体験。全てが新鮮。

戻ってきたら重量を量ります。
レギュレーションでは最低重量がドライバー合わせて138kg。
今回はずっと142kgぐらいだったので、ウェイトをあと2kgほど外してもいいみたい。
でもまあ余裕をもって少し重めにしておきました。

780.jpg

午後、いよいよ決勝スタート。
決勝前には、本人いわく、緊張はもうなくなったそうで。

確かに昼飯の後、クルマでスマホゲームに熱中してたし、リラックスでした。

決勝は14周。

最初の1周2周は、5台が割と均等な間隔。
お、決勝はいけるのか?と思ったけど、前の4位のペースが上がらず、常に4位にプッシュしている状態。

781.jpg

もし、4位をどこかで抜いていたら・・・3位との戦いが見たかった。
それくらいずっと抜きあぐねていたレースでした。

1コーナーあと、ぴったりつくこと何回も。
2コーナー後もぴったりつくこと何回も。



でも、雨のレース。スピンせずに完走したことが重要なので、今回はこれでよし。

トップ3台のうち二人は中学生なので、中学生相手に周回遅れにもならずに、雨の初レースを終えたのでよかったです。
決勝では、タイヤの調子も上がってペースはよくなっていたので、こういうのもいい経験。

参加台数全部で65台。
スピンする人も何台かいました。
スピンしないマシンの制御は本当に難しそう。

雨が強くなったり弱くなったり、いろんな状況でのレースだったので、クラスによってベストタイムがまちまちで、これも面白いなあとつくづく思いました。

パワーがあるクラスが絶対に速いというわけでもなく、そのときどきの雨の量で変わってきます。

次回のレースは雨でないことを祈りたいです。

一方で、雨の練習をしないといけないですね。
雨はあまり練習ができていないので、そういう練習量でも腕の差がもろに出ます。

APG CUPは、今年4戦中3戦が雨なので、いくらドライで練習しても、本番が雨なら、雨に慣れていないとレースにはなりません。

ドライもレインも、両方たくさん練習した人が、勝てることになります。当たり前のことですけど!

息子クンいわく、レースは楽しかったそうです。
レースそのものを楽しむことができたのと、雨を練習しなければならないということも分かったとのことで、それだけでも十分な収穫ですね。

雨が怖いということにならなくてよかったです。

雨や気温で、タイヤの空気圧を色々試したりしましたが、やはりこういうデータ集めも重要ですね。

そういう蓄積がないので、今後そういうデータを蓄積していきたいです。

F1日本GP日曜日決勝の記録!

F1日本GP、日曜日決勝のレポートです。

朝8時半、滋賀県のホテルを出発。
高速の渋滞はまったくなく、鈴鹿インターで降りました。

スマホの渋滞情報をみると、既に四日市ICから鈴鹿IC手前まで真っ赤になっていたので、渋滞すごそうでした・・
でもこの渋滞、実は鈴鹿ICの手前で3車線が2車線になるのが原因なんですよね。
これ、鈴鹿の先まで3車線にすればいいのに・・・

サーキット近くになると、だんだんと歩いて向かう人の群れが。
こんな感じ。

754.jpg

それにしても、サーキット周辺に臨時駐車場を出している呼び込みのスタッフの多いこと。
この3日間で駐車場代を稼ぐのでしょうね。

サーキットから少し離れたところだと1日1000円、もう少し近づくと2000円、かなり近い場所だと3000円という相場です。

でも私が予約した、1コーナーゲートそばの駐車場なら、3日間で10000円、2日間で8000円です。
本当にすぐそばなので、わずか1000円とかの差なら、近い方が断然いいです。

実は帰りの方がメリットが大きく、レースが終わってすぐに車に乗り、渋滞が始まる前に鈴鹿市を抜けてしまえるというとてつもないメリットがあるので、この駐車場にしています。

到着すると、すごい人!
盛り上がっているように見えます。が、実は今年は1コーナー手前の仮設スタンドがない状態なので、つまり観客がそれくらい減っていることの表れなので、少しさびしい気もします。

発表によれば、決勝の観客数は68000人で、過去最低だそうです。
2016年は72000人で過去最低だったのですが、これを塗り替えたそうで。

サッカー日本代表の試合での観客数とほぼ同じですね。
確かにF1ルールは複雑になりすぎているし、テレビ放送は地上波やっていないし、観客が増える要素が一つもない。
日本人ドライバーがいないのも原因ですね。

決勝68000人だと、鈴鹿サーキットは赤字なのかな?・・・気になります。

753.jpg

午前中は、レンタルカートで走行。
私は撮影係。
土曜日ベストラップは39秒でしたが、この日は38秒。

この日の全体のベストラップは36秒9くらいでした。
やはり小学生は誰も走っていない。
息子クンだけでした。

755.jpg

そして早めのお昼。
昨年も食べたローストビーフ丼に。うまいんだなこれが。

756.jpg

その後、ポルシェカップの決勝を観て、そのままホンダRA300のデモランを観賞。
土曜日に引き続き、佐藤琢磨がドライブ。

↓このマシン
760.jpg
761.jpg

いやー、50年前のF1マシンとはいえ、V12サウンドは最高!
今のF1よりもよほど音がいい!音が大きい!
やっぱり昔のF1はいいね。

今のF1は音の迫力がまるでない!

この後ドライバーズパレードがあったのですが、今年は息子クンは特に観なくていいとのことで、一旦クルマに戻ってゴロゴロ。
駐車場が近いとこういうことができるのでいい。

14時決勝なので、13時半くらいにクルマを出てメインスタンド席へ。

既にマシンはグリッドについていました。

いやー、やはり目の前に車があるといいね!

757.jpg
758.jpg
759.jpg

国歌斉唱が始まりました。
よくわからんけど、歌手のおっさん。クレイジーケンバンドとかいう名前の横山さんだとか。
(ファンの人いたらすみません)

国歌斉唱・・イマイチでした。
もっと透き通る声、きれいな声の人いなかったのかな?
女性でいいのに。

フォーメーションラップが終わってスタート、という動画をちょっとYouTubeにアップしてみました。


決勝の展開については割愛します。
ベッテルはリタイヤして、こちらに手を降ってました。
残念でしたね。

ライコネンは何度もメインストレートで抜いていったので、メインスタンドも盛り上がっていました。

帰りは決勝が終わる5ラップほど前に、席を立ち、GPスクエアのステージにある大画面でファイナルラップを観て、終わった瞬間にサーキットを後にしました。

こうすると、渋滞にはまったくはまりません(笑)

帰りはまた四日市の温泉に入っていきました。
着いたらフェラーリの服をきた一家がいたので、うちらと同じくダッシュで来たのか、決勝が終わる前にサーキットを後にしたのか・・・わかりませんが。

でも例年、決勝の数ラップ前に帰り始める人もいます。
混雑や渋滞を避けるためでしょう。
スポーツではよくあることですから仕方ないです。

温泉入ってちょうど17時。
四日市インターから高速乗って、19時半くらいに、遠州森町PAで晩飯。

私は肉そば、息子クンはそばと牛丼のセット。
息子クンの方が食べる!(笑)

762.jpg

そして22時過ぎに家に着きました。
大井松田から横浜青葉まで大渋滞でした!
ここの渋滞も本当にひどい!どうにかしてくれー!

・追伸
観客席の前に座っていた小太りのおっさん、体臭が臭かった!
そして私の左横にいた若い色白の小太りの兄さん、こちらも体臭が臭かった!
どちらも本人は気づいていないのでしょう。
でもこっちはずっとその被害を被っています!
笑い事じゃなく、せっかくの観戦がマイナスダメージです・・・自覚もってほしいです!
以上、愚痴でした。

F1日本GP土曜日の記録!

F1日本GPに行ってきました!

今回は、金曜夕方出発ではなく、初めて金曜朝に出発。
金曜日午後からレンタルカートでも楽しもうかと思い、小学校を休ませて金曜朝8時半から出発しました。

新東名の岡崎SAで昼食。
ラーメンを食べました。美味しかったけどネギの後味が残る感じ。
745.jpg

14時に着いたら土砂降り!豪雨!
ちょうどF1フリー走行2回目が始まったときで、誰も走る様子もないので(結果的にまともなタイム出したドライバーはいなかった)、
サーキットを諦め、温泉に行くことに。
何しにきたか分からない金曜日でした・・・

温泉入って、夜はびっくりドンキーで晩飯。
二人ともカレーバーグディッシュ。

それにしても息子クン、最近良く食べます。
大人と同じ量を食べます。
中学入ったらどうなることやら・・・

744.jpg

この日は、24時間営業の某スーパー駐車場にクルマを止めて車内泊。
何かあればトイレにも行けるし、買出しも行けるし。
屋根付き駐車場だったらいいのだけど、屋外駐車場でした。
が、文句は言えません。

土曜朝、お世話になった24時間スーパーで朝食を買い、食べながらサーキットへ。
着いたら小雨が降ってきました。
先が思いやられる・・・

735.jpg

金曜の豪雨で、シートも水滴だらけ。
今回のシートは、V2-1でチケット70000円!
屋根付きで濡れていないだろと思いましたが、見上げると、ちょうど屋根がギリギリ終わる場所。
ここではアカンということが分かりました。

もっと奥のシートじゃないと濡れるのね。

736.jpg

すぐに小雨は止み、天気は回復傾向。
だんだんと人も増えてきました。

レッドブルのブースでは、二人一組でタイヤ交換体験をしていました。
二人だけなので、皆さんタイヤ交換はどうがんばっても10秒くらいかかってました。
トップとれば景品でももらえるのかな?

737.jpg

日差しもだいぶ回復。
予選はドライでいけそうになりました。

734.jpg

ブースでは、ウィリアムズの歴代マシンが飾ってありました。
昔のマシンもかっこいいですね。

740.jpg
739.jpg
738.jpg

毎年恒例の場所で、ドライバのポスターがあるので、記念撮影。

741.jpg


今年も、ポスターの最初はメルセデスで、一番奥がフェラーリでした。
でもやっぱりフェラーリが一番人気のようで、常に写真撮影のため、数人の行列ができてました。


マクラーレンホンダの今年のマシンに乗って撮影できるブースもありました。
子供限定だったかな?
ここも行列できてました。

730.jpg

F1の予選が終わってから、アドバンスカートをやりにいきました。
ここ、子供がいません。子供はもっと遅い別のカートがあるのですが、もちろん息子クンはそこでは物足りないので、アドバンスカートに。

今回初めて自分と息子クンが一緒に走りました。

743.jpg

結果はどうだったかというと・・・
私のボロ負けでした。

ビビッている人は45秒くらい。
慣れた大人はだいたい40秒前後で走っていましたが、息子クンは39秒。
(次の日は息子クン38秒でした)

自分はビビッている部類でした(笑)
こりゃーあかん。自分は今後もメカニックに徹するしかない!(笑)

とにかく遅い人がいると、クリアラップがとれないので、なかなかベストタイムが出せません。
これだけ人がいると、空いている時間帯もないですしね。

16時半ころサーキットを後にして、ホテルへ。
F1開催中はホテル予約に皆さん苦労しますが、半年以上前にとればだいたいとれます。

でも鈴鹿近辺はとれません。
名古屋で宿泊すると、朝渋滞にはまるので、ここ最近は名古屋ではなく、滋賀県に泊まるようにしています。

そうすると、朝渋滞がまったくありません!

伊勢や松坂あたりに南下するのもありだと思います。

ホテル着いたらとりあえずこうなりますね!

731.jpg

晩飯はホテルのレストランで、息子クンはとんかつ。
自分はエビフライ定食。

息子クンは大人の量をぺろり。

732.jpg

日曜朝はホテルのバイキング。
といっても大したものがないので、あまり選べるような感じではないですが、贅沢はいっていられません。

子供は十分楽しめます(笑)

733.jpg

日曜日の記事は次回に!


面白かったマレーシアGP

F1マレーシアGP。
2017年で最後となるマレーシア。ドラマが起きるかと思いましたが、やはり起きました。

まずはレース後のクラッシュ。
ファイナルラップが終わって、皆マシンがピットに帰る周で、ボタンの掛け違いがおきました。



普通なら接触など起きないのですが、ベッテルとストロールの息が合わなかったようです。
ファイナルラップ後のクラッシュなど、何をやっているんだか。

オンボード映像しかないので、どちらが悪いか分かりませんが、ペナルティはなし、レーシングアクシデントと同じ扱いになったようです。

ただ、チャンピオンたるもの、新人ドライバーを抜くときは注意が必要でしょう。
レースであろうとレース後であろうと。

ベッテルはたまにこういうわけの分からないミスや、もらい事故を受けてしまいます。



さて、レース前にライコネンがスタートできず、予選でトラブルによりタイムを出せなかったベッテルは最後尾スタート。
フェラーリは最悪の展開でした。

かつての弱かった頃のフェラーリに戻った感じです。

ただ、最後尾から追いかけるベッテルは観ていて楽しかったです。

それでも4位が精一杯。

722.jpg

メルセデスは優勝はできなかったものに、フェラーリに抜かれるほどではありませんでした。

レッドブルというより、フェルスタッペンが速かったようです。

このレースで、いよいよリカルドよりもフェルスタッペンの地位の方が上回った感があります。

今年の予選順位を比べても、リカルド4勝、フェルスタッペン11勝で、フェルスタッペンの方が順位を上回っています。

土曜日に20歳の誕生日を向かえた若者フェルスタッペンが、日曜日に優勝。

彼のキャリアはすさまじいものがあります。

お父さんのヨス・フェルスタッペンはそれほどF1で速くなかったですけどね!

720.jpg




ハミルトンは、失うものがないフェルスタッペンと争うことを避け、確実にフィニッシュすることを選んだようです。

2位でも十分、ベッテルより前でフィニッシュすればいいだけですから、気持ち的には楽だったでしょう。

ベッテルもそうですが、これから残りのレース、リタイヤというのが一番怖いわけです。

クラッシュにしろ、エンジンが調子悪くなるにしろ、起きてはいけないことです。

エンジンをセーブすることも必要になってくるでしょう。

ボッタスは、フェルスタッペン同様失うものなどないのですから、ガンガン前を行くべきですが、予選で元気がないのか、なかなかハミルトンを切り崩せません。
このままではセカンドドライバーに甘んじてしまうでしょう。
昔のバリチェロのような姿が見え隠れしています・・・

マクラーレンとしては、バンドーンが確実に入賞していい結果を出しました。

アロンソはサーキットによって走りにムラがあるように感じます。

意外にも、バンドーンが安定してきたように見えます。

予選でもアロンソに引けをとらない順位を出せるようになって来ました。

シンガポールでは予選アロンソ8位、バンドーン9位、
マレーシアでは予選アロンソ11位、バンドーン7位ですから、
バンドーンなかなかの者ですよ。

2018年からルノーエンジンを積むマクラーレン。

こうやってルノーエンジンを積むレッドブルが優勝するのは、実は気分がいいものなのかもしれません。

「自分たちも来年はこうやって速いエンジンが手に入る」と連想できるわけですから。


ところで、すでにアロンソは日本入りしているようで、渋谷に現れたようです。

726.jpg

アロンソって、普通に地下鉄に乗ったりするようですから、奇跡的に出会えた人はラッキーですね!

日本GPのあとも、名古屋まで電車使ったりするときありますからね。

もうすぐ日本GPです!

鈴鹿1週間前

いよいよ鈴鹿まで1週間を切りました。

今年は金曜の朝から出発します。
息子クンとともに。

小学校はどうするか?
横浜の小学校は、F1日本GPがあると金曜は休講になります(笑)
・・・嘘です!

まあお休みということで。

こういうのができるのも小学校のうちだけですね。

金曜日出発、金曜は鈴鹿サーキットでフリー走行見て、それ以外ものんびり過ごし、車で20分ほどのところでいつもの日帰り温泉に入ります。

食事して、夜高速に乗って、サービスエリアで社内泊します!

デリカのうしろ、ベッドキット積んでますので、そこに布団を敷いておきます。

F1マシンがずっと走っているわけではないので、空いた時間など、車に戻ってきて布団でゴロゴロできるので、息子クンはF1以上に、この車に敷いた布団を楽しみにしています。



鈴鹿3日間の駐車場はここです↓



いつもここに申し込んでいます。

1コーナーゲートまで、とほ1分位なので非常に便利な駐車場です!

帰りは、地図にある右下の方の裏道から抜けていけます。
全く渋滞無しです!

ということで、この駐車場も、毎年数か月前から申し込んであります。

土曜日は、滋賀県のホテルをとってあります。
以前は名古屋でホテルを取っていましたが、去年滋賀県(琵琶湖付近)に泊まったら、意外と道も空いているし、鈴鹿からも遠くないし、便利だったので今年も同じホテルへ!

日曜日朝もサーキットまで渋滞ないし!

ということで、毎年行っていると、こういうやり方がわかってきます。

鈴鹿のチケットで、鈴鹿の遊園地のほとんどが乗れますが、ただ幼稚園から小学校低学年向けのものが多く、高学年には物足りないアトラクションが多いです。

もっと高学年から大人向けのアトラクションがほしいんだけどなあ!

横浜から鈴鹿に行くのに、新東名ができる前は、東名高速で。
これが結構時間がかかっていたのです。

東名はカーブも多く、道幅も狭く、それに対して新東名は超快適!

カーブはほとんどなく、最高速度130km/hくらいにしても問題なさそうに感じます。

そしてこの新東名、以前は静岡県の途中で東名に合流してしまったのですが、工事も終わって名古屋方面に直結されたので、かなり快適になりました。

新東名の御殿場・厚木間も早く完成してほしい。

そうすると、APGも小山町スマートICを降りれば、2、3分でAPGに着くことになります。

新東名さまさま!

リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR