レーシングカートブログランキング!   (にほんブログ村)レーシングカート

GP3とF3、さっさと統一せよ



GP3シリーズとFIA F3は、2019年に統一される見通しとなっています。

もともとGP2やGP3は、FIAが管轄するF2やF3に対抗して、FOMのバーニー・エクレストンが先頭に立って推し進めてきました。

F1のスポーツ面を支えるのがFIA、商業面を支えるのがFOM。
この2団体は、お互いに権利主張を言い合ってきたため、GP2やGP3のような対抗レースができてしまいました。

そしてFOMはなくなり、アメリカのリバティメディアが商業権を買収しました。

リバティメディアは、FIAと言い争う姿勢は見せていないので、早速GP2とF2が統合され、F2に統一化されました。
かつてF2というカテゴリーは存在し、その後F3000という名称に替えたりしてきました。

F1とF2・・・こんなに分かりやすい組織になりました!

次はGP3とF3でした。
しかしGP3は2018年末まで契約があり、いろいろなスポンサーが絡んでいますから、統合は2019年からになったようです。

GP2にしろGP3にしろ、F2にしろF3にしろ、参戦台数が分散化してしまい、エントリー数を抱えるのに苦労していましたが、統合されることで、大きなレースになることが期待されます。

一方で、F3でも「FIA F3」と単なる「F3」があったりします。
日本でもそうです。

これまたレースを知らない人にはわかりにくいですね。
FIAが主催するものか、そうでないか、の違いによるものです。

こういうの、どうにかなりませんかね?
こういうのがモータースポーツを発展させない理由の一つだと思います。

もっというと、日本のスーパーフォーミュラも同じ!
F2にすればいいのに!

「FIA F2」がヨーロッパを中心に活動しているのなら、FIA基準でアジアのF2をやるような働きかけをしてほしいです。

日本で年間たった7戦しかないスーパーフォーミュラ。
韓国や中国やマレーシアあたりを巻き込んで、アジアの国際レースにして盛り上げてほしい。
年間12戦くらいやってもらって。

なんとかならないですかね・・・

病気の話(まったく関係ない話・・・)

今回は、F1やレーシングカートとはまったく関係ない話です。
というのも、私自身が数日、病に侵されていたので、そのお話です・・・

6月3日の土曜日、カートを積んで準備万端、4日日曜日にAPGに行って、カデットを引き取ってもらい、ジュニアカートの準備をする予定でした。

が、4日の午前1時頃、腹が激痛で目覚めました。
何かいけないものを食べたか?
ウィルス性胃腸炎か?
と思いをめぐらせましたが、それも束の間、思考回路自体が麻痺してきました・・・
要するに、激痛で何も考えられなくなりました。
おそらくその頃は午前2時あたり。

もだえ苦しみながら、妻に救急病院へ連れて行ってほしいことを伝達。
急いで近くの大学病院系列の夜間救急へ。
もちろんカートを積んだままのデリカで。

あまりの激痛で記憶も途切れ途切れですが、何分か待たされたあと診察。
激痛なので、1分でもおそらく10分くらいに感じていたと思います。

診察に当たったのは若い研修医の女性。
いろいろ質問してきたけど、こっちはどう答えたかも余り覚えていません。
唯一覚えているのが、
「一番痛い痛みを10とすると、今の痛みはどれくらいですか?」
こんなこと聞かれても、これ以上の痛みがあるのか冷静に考えられるか!っちゅうの。

「9か10だと思います」と苦しみながら答えたと思います。

その後点滴を受けながら、ベッドを貸してもらい横たわって苦しみ状態・・・
そして準備が整ったようで、レントゲンとCTの撮影に。

これも準備があるのは分かっていますが、待ち時間が途方もなく長く感じました。
おそらく実際には数分なのでしょうけど。

戻ってきたらまたベッドに横たわり、座薬を入れてもらい、痛みを軽減してもらう処置をしてもらいました。
20分ほどで効いてきたようで、すーっと痛みが緩和。
天国かと思いました。

その後、ようやく内科の先生が診察に訪れ、説明してくれました。
病名は、尿路結石。

尿管または腎臓付近に、結石ができる病気です。
カルシウム結石が8割、尿酸結石が1割と言われていますが、自分の場合は尿酸値が高かったので、尿酸結石の可能性が高かったようで。

腎臓が炎症を起こしており、抗生剤と座薬を処方してもらって帰宅しました。

この時点でまだ結石は出ていません。

当然ながら、日曜日にAPGにいくのは断念。

日曜日は1日寝ていました。
炎症で微熱も出て、体力はまったくなく、いくらでも眠れる状態に。

そして日曜の夜、19時半頃再び腹に激痛が!
結石が残っている証拠です。

すぐに座薬を入れ、20分ほどで痛みが緩和。

これ何日続くのか?という恐怖心。

ちなみに結石は、4mm以下なら尿で排出される可能性が高く、それ以上大きければ手術とのことでした。

月曜日も体調回復せず、自宅療養。
そして月曜日夜に再び激痛が!
座薬で切り抜け。

火曜日はさすがに会社での仕事がたまっているので出勤して急ピッチで業務。

ただ思考回路は半分くらいでしょうか、15時くらいに切り上げて自宅へ。

そしてまた夜に激痛!
座薬で切り抜け。

もう地獄ですね・・・

水曜日は大学病院で診察。
最初は血液検査と尿検査そしてないか受診。
結局まだ石があるだろうということで泌尿器科を受診することに。
泌尿器科用でまた尿検査。
そしてレントゲン検査。

ところが!この泌尿器科用の尿検査で尿を取っていたときに、便器にぽろっと黒い物体が落ちたことを発見!

3mm程度の物体。
これではないか??
尿道を通っている感覚はまったくありませんでした。

その後、泌尿器科の受診。
ぽろっと落ちたのなら、おそらくそれが結石だろうとのこと。
安心しました!

ただ、腎機能の数値はよくないので、このまま抗生剤を飲んで、期間を空けてまた受診(尿検査)することになりました。

水曜夜・・・激痛が走るのかびくびくしましたが、何も来なかったので、やはり結石は出たようです。

いやあ、恐ろしい病気です。

ということで、地獄の3日間を経験しました。
二度と経験したくない病気です。

が、食生活をきちんとしないと、こういうことが起きるので、栄養のバランスが極めて重要なようです。

6月10日、APGに行ってマシンの入れ替え作業をやりにいってきます!

インディ500マイル、日本人初優勝で歴史に名を!

F1モナコGPの総括をしようかと思いましたが、モナコGPの後に行われたインディ500マイルレースのニュースのほうが衝撃的でしたので、今回はそちらに触れます。

アメリカのインディ500マイルレースに、日本人が勝利し、歴史に名を刻みました。

元F1ドライバーの佐藤琢磨、見事な勝利です。
今回はスポット参戦したアロンソと同じチームで、アロンソも琢磨は積極的にバックアップしていました。

しかし、アロンソはホンダエンジンのトラブルでリタイヤ。
アロンソはホンダから呪われているのか!!
アロンソはトップを周回していたこともあり、トラブルなければ優勝の可能性もあったはず。

アロンソ自身は「楽しかった」と言っていますが、内心、「またホンダかよ!」と思っているはずです。

320.jpg
322.jpg
321.jpg


佐藤琢磨は、以前もインディ500マイルで勝つチャンスがあり、最後の最後で追い抜きに失敗して、トップを奪えずにリタイヤということがありました。

いいところまで行くけどリタイヤする・・・と言うイメージが、F1でもインディでもありましたが、ようやくそのマイナスを払拭したような気がしています。

琢磨は40歳を超しました。
インディは割と40台のドライバーも多いので、まだまだ活躍するでしょう。

一方で、F1は低年齢化になっており、アロンソもかなりベテランの域に達しています。
F1のほうが繊細なドライビングが必要なようで、年齢とともにその繊細さが鈍感になっていくのかどうかは分かりませんが、アロンソについてはもう3、4年はF1で戦えるのではないかと思います。

インディのようなオーバルコースは、すべてがコンクリートウォールであるため、少しでも挙動を乱すとコンクリートの餌食となり、大変な事故へとつながります。

アウト側がコンクリートであるのはし方がないにしても、イン側はコンクリートではなく、F1のようにタイヤバリヤや、もう少し柔らかい衝撃吸収材でも置いたらどうかと思います。

それにしても、アメリカのレースは、日本時間だといつも明け方になるので、レーステレビ観戦者にはつらいですね・・・

日本人は「スーパー〇〇」が好き?

日本人は、スーパー〇〇という名前が好きなのでしょうか?
レース界だけでも、
スーパーGT
スーパーフォーミュラ
スーパー耐久

過去には、
スーパーアグリ。

ほかにも業界を問わず、
スーパー銭湯、スーパーホテル、などなど。

でも、名前の付け方が安易に感じている気もしています。
全日本GT選手権。確かにわかりにくいし覚えにくい。
かといって、スーパーGTって、どうなのかなって。今ではもちろん慣れていますけど。

フォーミュラニッポンという名前も、この「ニッポン」という名前がついていたのはとてもダサいって思ってましたけど、名前が変わると聞いて期待していましたが、結果的にスーパーフォーミュラ。
なんとも安易な気が・・・

F1(フォーミュラ1)を超える名前を使いたかったのかどうかわかりませんが。
実際、性能がF1を超えているわけではないですから、もうちょっと独自性のある名称にしてほしかったです。

日本人は「スーパー〇〇」という名前が好きなのでしょうか?
もう少し考えてもよさそうなものですが。

ただ、「全日本〇〇」というコテコテの日本語名はやめてほしいです。
硬いし、覚えにくいし。

インディーカーのように、フォーミュラの冠をつけなくてもよいと思います。
もう名称は決まってしまっているので、今更どうしようもないですが。

今後は安易な「スーパー〇〇」がつかないことを祈ります。


ブログを書くときに気をつけていること

読者の方も少しずつ増えてきているようで、本当に感謝しております。
ブログを書く励みにもなります。

さて、私がブログを書く際に気をつけていることがあります。
F1については、ありのまま、思ったことを書いていきますが、レーシングカートはそうもいきません。

というのも、当たり前のことかもしれませんが、レーシングカートは戦いの場でもありますし、趣味でやっている人もたくさんいます。
彼らの考えや意見を尊重・尊敬することがまず大切です。

「こうなると速くなるよ」とせっかく教えてくれたことを、そのままブログに書いてしまっては、教えてくれた人に迷惑がかかります。
「このチームがいいよ」「このショップがいいよ」というのも、人の主観によるものですし、特定のチームやショップを贔屓することは、やはり色々な人に迷惑をかけるので、致しません。
住んでいる地域、通えるサーキット、かけられる費用も人それぞれですし。

ですので、「これは書いても大丈夫」「これは書かない方がいい」を判断して書き込んでいます。
皆に共通している基本的なことなら、書き込んでも問題ないですし、公開するには影響があるな、と思うものは書かない方がいいわけです。その判断はできているつもりです。

レーシングカート人口は昔に比べて減っているそうです。
しかし、その入口が少しでも広がればいいなと思い、何もない状態から始めることから書き込んでいます。
実際、何を準備して、どれくらい費用がかかって、どうやって練習するのか、分からないことだらけです。

ですので、今後も”初心忘れるべからず”でいきますので、よろしくお願いいたします!
リンク
直接のご連絡はツイッター経由でご連絡下さい。 →@F1andKART





プロフィール

F1andKart

Author:F1andKart
主にF1とレーシングカートについて書き込みます!F1は1990年からテレビ観戦、鈴鹿は毎年行っています!
2016年秋、息子がレンタルカートで初走行。2017年2月からレーシングカートデビュー!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR